Nature School << Yellowstone


◇北米一の野生動物の種類と数
バイソン、エルク、ムース、オオカミ、コヨーテ、大角羊、アンテロープ、白頭ワシなど、
一つの国立公園でこんなにたくさんの動物が見られるところは北米ではイエローストーンだけ。
高性能の望遠鏡と双眼鏡を使って、動物ウォッチングを楽しみます。
◇アニマルトラッキングと野生動物の足型作り
動物の足跡、毛、食痕、屍体、骨など、バックカントリーを楽しく歩きながら観察し、野生動物の生態や
1日のドラマを推測します。
気に入った足跡を見つけたらその場で足型を作ります。 世界に一つ、自分だけのお土産に。
◇ナイトサファリと天体観察
イエローストーンではナイトサファリにも出かけます。
エルクやバイソン、オオカミなど、野生動物の行動を観察したり、鳴き声を聞いたり自然の景色、
自然の音を五感を働かせて感じ取ります。
また、天体望遠鏡を使って夜空を観察。 日本では絶対に見れない美しい星空に感動します。
◇露天風呂体験
イエローストーンでただ一つ、人間が入ってもよい露天風呂へ。
自分に合った水温の場所を探して、きれいな景色を楽しみながらゆっくりくつろごう。


◇高校訪問
地元高校を訪問して現地の子どもたちとの交流。 実際のクラスに参加しましょう。
◇州立大学訪問
大学の寮や、生協、学部などを見学。
アメリカの大学生ってキャンパスでどんな生活を送っているのかな?
◇図書館で文化交流〜キミが折り紙ティーチャーに
地元の子どもたちは1枚の紙から色々な形が出来る折り紙に興味津々。
楽しく折り紙を教えながら、頑張って英語で子どもたちに説明してみて!
◇充実の装備
高性能の望遠鏡や双眼鏡を使ってオオカミ観察。 オオカミの息使いが聞こえてきそう。
石灰山では顕微鏡、遠隔温度測定器など、多種の装備や教材を用意。
専門的な装備で、体験教室がとても楽しく内容の濃いものに。




◇イエローストーンに戻ってきたオオカミたち
20世紀初頭、当事家畜を襲うオオカミは害獣とみなされていました。
国を挙げて駆除され続けてきたオオカミは1920年代、ついにイエローストーンから姿を消しました。
しかしその後、自然保護や野生動物の研究が進み、天敵が生態系に果たす役割が見直され、オオカミ再導入プロジェクトが始まりました。
そして1995年、ついにイエローストーンにオオカミが戻って来ました。
最初14頭で始まったオオカミは順調に増え続け、現在はイエローストーン生態系の中に250頭以上が生息するまでになっています。
オオカミ再導入以来、世界で最もオオカミを観察しやすくなったイエローストーンには、研究者をはじめ野生のオオカミを見たい人々が世界中から訪れています。
また世界一熱水現象が集中している地域であり、地熱学、地質学、細菌学などの研究も行われています。
このような大変恵まれた環境の中で、第一線で活躍しているインストラクターと一緒にオオカミとサイエンスについて深く学んでいきます。


Nature School << Yellowstone